再びチリワインの原点に迫る❗️

新しい動き、安旨だけじゃないチリワインを発見しました🇨🇱 6/26から発売❗️

チリのぶどう品種といえばカベルネ、メルロー、カルメネール、シャルドネ等の商業的国際品種ですが、今日お勧めしたいのは400年前からある原点、「パイス」です

パイスって何❓どんなぶどう❓🍇

キリスト教の布教活動のためにスペイン人宣教師が持ってきたぶどうでチリにとって初めてのブドウがこのパイス(Pais)というブドウ品種でした。

病気耐性や環境適応に優れ大きい果実を実らすことができます。

最初は美味しいぶどうとは認められずにいましたが、ここ最近になってすごく美味しいワインになることに気づき見直されてきました。これこそチリワインの個性になると考える人が増えてきたのです。

パイスぶどうは美しくエレガントで軽快なボディのワインになるのです

見つけた❗️チリの個性パイスの美味しいワイン🍷

●左が野生のパイスから造った赤ワイン 天然酵母

 パイス・サルヴァへ・マウレ・ヴァレー 2016円 税込

しっとりと優しい飲み口。丁寧にとった出汁のような薄く旨みがあるサラサラと飲める。りんごの香り青い野菜の香り。

●右が樹齢100年のパイスから造った赤ワイン 天然酵母

パイス・ヴィエホ・マウレ・ヴァレー  1210円 税込

チェリー、薔薇の香り味が美しい。艶やかな薄旨タイプ。開栓したては味が、超!超!硬いので早めに開栓して、よく空気に触れさせてください。 

                                            後藤 大果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA